家族の幸せ指数を上げる さゆママのブログ

家族の幸せは、ママが健康で幸せであるかが重要!

上の子の心のケアはこうしようー5つの対処法

長男・長女は下の子が産まれるまでは自分が一番でした。

親からの愛情は独り占め

そこへ、下の子が産まれると、親の視線は赤ちゃんに向けられる。

なんて寂しいその状況。

「ママは自分より赤ちゃんが大切なんだ」

「ママをあかちゃんに取られた」

「寂しいよ。ギュってしてほしいよ。」

「話しをゆっくり聞いてほしいよ。」

「こっちを向いてよ。」

 

言葉に出してくれるとわかりやすいですが、なかなか子供は言葉に出すことはできません

態度・行動で表してきます。

  • わざと悪いことをする
  • 自分で出来ていたことが出来ないと甘える
  • 指しゃぶりが始まる
  • 赤ちゃんを噛んだり、踏みつけたりする

等・・・

あるいは、全くの良い子ちゃん

 

まだまだ幼い上の子はたーくさん我慢しています。

だって、世界一大好きなママを奪われたのですから。

 

赤ちゃんのお世話に必死のお母さんは、上の子を構っている余裕はありませんよね。

 

上の子が何かダメな事をやらかすと、

「なんでこうなるの?もうお姉ちゃん(お兄ちゃん)なんだから!」

と無駄に怒ってしまう。

 

上の子だって、赤ちゃんのお世話したいから、何か手伝おうとすると、逆に邪魔に感じて、

「いいからあっちに行ってなさい!」

と邪魔扱いしちゃう。

 

イライラがひどくなると、上の子を可愛いとさえ思わなくなってきます

今まで世界一可愛いと思っていた我が子をですよ?

 

子供は敏感です。

 

いつまでもお母さんの愛をた〜くさん欲しいんです

 

今、上の子のケアを怠ると、上の子の精神的問題が出てきます。

今が大切なのです。

 

上の子ケア、どうしたら良いか、

(うちは上の娘が3歳半の時に妹が産まれました。)

私の事例も含めて5つの対処法』をお伝えしますね☆

 

f:id:sayufugu:20181009002054j:plain

 

 

 

赤ちゃんのお世話する前に、上の子に断りを入れる

赤ちゃんが泣いていて、オムツを変えたり、おっぱいを飲ませたい時、

まずは上の子に

「◯◯ちゃん泣いているから、おしっこしちゃったのかな?気持ち悪くて泣いているかもしれないから、今オムツ替えてもいいかな?」

と理由を含めて了解を得る。

そうすることで、自分の事を放って置かれていないと思えます。

 

そうすることで、我が家では妹が泣いていると

「◯◯ちゃん泣いているよ。オムツかな〜。おっぱいかな〜。ママ早くしてあげて〜!」

と、自分から言ってくるようになりました。

 

上の子の大切な赤ちゃん(妹)だよと伝え続け、一緒に可愛がる

「〇〇ちゃんの赤ちゃんだよ。」

「可愛いね。」

「ほら〜◯◯ちゃんが側にいて嬉しそうだよ!」

「〇〇ちゃん、やっぱりお姉ちゃんだね〜。お姉ちゃんのこと大好きなんだね〜」

 

こういう声かけをすることで、赤ちゃんは自分にとっても大切なもの。

自分がいるから赤ちゃんも嬉しそうなんだ。

自分はこの赤ちゃんのお姉ちゃん!

自信自己肯定感を持つことが出来るようになります。

 

 

ママと上の子だけの時間を作る

たまには赤ちゃんをパパやおばあちゃん等にみてもらって、ママと上の子2人だけでお出かけしましょう。

また、家などに友達や親戚が来て、みんなが赤ちゃんに夢中になっている時は、ママと上の子で、べたべた甘えん坊していましょう。

チャンスと思ってください!

 

赤ちゃんが寝ている時は、家事するチャンス!と思ってしまうけれど、

家事等は諦めて、上の子との時間にしましょう。

 

ママと上の子の2人時間は大切な時間♡

その時はたーくさんギューっとしてあげてください。

「だーいすき!!」と言葉でちゃんと伝えてください。

スマホは絶対禁止!

上の子とお話しをた〜っぷりしてください。

抱っこも、たっぷりしてあげましょう。

そして、いつも我慢していることを褒めてあげましょう。

いつも我慢していることを、ママは分かっていて、いつも感謝しているということを、伝えましょう。

 

うちでもママと上の子時間を何度も作りましたが、その時の嬉しそうな顔は、

ママである自分にとっても最大な癒やしとなりました。

 

 

家事は諦める

この時期は、家事は諦めましょう!

家事は出来ることだけで十分です。最小限で十分立派です!

優先すべきなのは、上の子の心のケアです。

家事は、後からでも、いつからでもどうにかなります。

でも、子供の心は、今が大切です。

 

  • 掃除が出来ていなくても、死にません。大丈夫!
  • ご飯支度も、手作りじゃなく、お惣菜や外食でも、たまにはいいよね。大丈夫!
  • 洗濯溜まっても、出来る時にまとめてやればいいよ。大丈夫!
  • おもちゃが散らかっていても、仕方ないよね。大丈夫!
  • たまには家事代行を頼んでもいいんでない?
  • 夫だっているじゃない!

ってことで、色々と適当に!無理せず!が一番です!

 

共働き夫婦ー育児、家事に協力的な夫を育てる3ステップ

 

 

ママのリフレッシュ時間を作る

ママがイライラしていると子供にとっては一番辛いです。

毎日の育児と家事でイライラするのは仕方ないので、リフレッシュする時間を作りましょう!

夫や親に子供達を預けて、美容室に行ったり、一人カフェしたり…♡

預ける人がいなければ、保育園やベビーシッターやサポートサービス等を活用して、子供を一時的に預けるのもいいでしょう。

  • わがままではありません。
  • 贅沢でもありません。
  • 子供をおいて可哀相でもありません。

     

ママがリフレッシュ出来て、ストレスが軽減され、笑顔で過ごせるなら、

こんなにいいことはありません☆

堂々と子供を預けましょう!!