みんなの幸せは腸から ⭐ さゆライフ

腸から健康に関すること等…他、役立つ情報を発信します

育休明けの仕事復帰ー不安に対する3つの対処方法

育休中は忙しくても、可愛い我が子とべったり過ごせて幸せな時間でしたね〜。

 

仕事復帰するにあたっての不安は誰しもがあると思います。

 

みんなはどんな不安を抱いているのか。

その不安はどのように解消していったら良いのかについてまとめてみました。

 

f:id:sayufugu:20181119152414j:plain

 

 

 

 

子供を保育園に預ける不安

 

子供の風邪

保育園に入ると、たくさん熱が出る風邪をもらうと良く聞くと思います。

 

そうです。

保育園に入るとこれでもかっ!というくらい様々な風邪をもらってきます。

感染症もオンパレードです。

見事です。

うちの娘も始めは1週間毎に熱を出していました。

仕事に復帰したのに仕事を子供の熱で休まなければいけません。

そうすると、職場の周りからの冷たい視線を感じずにはいられません。

 

そして、子供の風邪の菌は強いのか、必ずと言っていい程、自分も夫も風邪をもらいます・・・

え、私ってこんなに弱かったっけ?と落ち込みます。

 

一番頑張っているのは子供です。

自分達親の都合で保育園に預けられて、色んな菌をもらって、小さい身体でた〜くさん戦って頑張っています。

本当可哀相になりますよね。

なんでこんな可哀相なこと私しているんだろう。

子供をこんな目に合わせてまで働く必要ってある?と自分を責めてしまいます。

 

でも、免疫がつきます。子供も親も。

1年間は覚悟がいりますが、その後は強くなります。

なので、『子供の風邪は仕方ない!子供は風邪をひくもの!』と割り切りましょう。

 

ただ、どうしても今日は仕事休めない!という時もありますよね。

夫が休める環境だったり、親が側にいる人なら、なんとか家族で協力して乗り切ってください。

 

でも、誰も頼めない環境であれば、有料となりますが、預け先はありますよ。

病児保育ファミリーサポートを事前に調べ、登録しておきましょう!

 

子供と長時間離れることの不安

育休中は我が子とずっとべったりとしていた生活だったのに、毎日長時間離れることになりますね。

自分も寂しいし、子供はもっともっと寂しい思いをします。

まだまだママとべったり甘えたい時期に離れるんですもの、可哀相ですよね。

うちも最初は預ける時に大泣きされ、仕事に行く車の中で自分も泣いたりしていました・・・

迎えに行くと、「お昼寝もなかなか出来ず、大泣きしていました。」と言われたり、本当に可哀相で辛かったです。

でも、子供の適応力は半端じゃないです。

私の方が寂しくなるくらい、保育園に慣れていきます。

最初は迎えに行ったら高速ハイハイしていたのに、そのうちに、遊びが楽しくて、すぐこちらにやってきません・・・

 

それはそれで困りますが、楽しくやっているんだな〜と安心します。

 

お喋り出来るようになったら、「ママ〜。今日ね。あのね。◯◯したよ。」「今日ね◯◯ちゃんと◯◯したの。楽しかったよ。」「◯◯先生大好き〜。」と楽しそうにお話してくれるようになります。

家ではなかなか出来ない、絵の具や粘土等工作や、泥遊び等の汚れる遊びをた〜くさんしてくれます

保育園に預けるのって可哀相・・・と思わなくても大丈夫です。

子供は楽しくやっていきますよ

 

子育てがおろそかになるのではという不安

 

母親として、子供との関わる時間は少なくなります。

ですが、保育園での集団生活のおかげで、生活面の事をしっかりと教育されます。

ご飯を食べるのが、知らぬうちに上手になっています。

オムツからパンツへ練習もしてくれます。

挨拶もしっかりとできます。

道を歩く時のルールも学びます。

同年代との関わりも上手になります。

集団での行動がしっかりしています。(1歳の子が先生のお話を聞くのに、しっかりと並んで座ったりしています)

生活面の教育は、保育士はプロです。

精神面の小さな事にも気づいてくれます。例えば、指しゃぶりが増えたので、寂しい思いをしているかも。保育士に今日はべったりだったけど、家でどうでしたか?など。

保育園様様です。

本当、保育士さん達には毎日感謝でいっぱいです。

 

職場が自分を受け入れてくれるのかという不安

 

職場環境の変化についていけるか

 

育休後は浦島太郎状態に陥ります。

たった1年でも、職場環境はガラっと変わっているものです。

メンバーが変わっていたり、戻る部署が違っていたら尚更です。

でも、徐々に慣れて行きますよ!

『出来る自分』を取り戻して行くことはちゃんと出来ます!

自分を信じて頑張りましょう!

 

ワーママ=ダメの認識があるのではという不安

 

職場復帰後すぐは、子供の風邪で休んでばかりなんでしょ。

意識が仕事に向いていないでしょ。

と思われるのでは?と不安になりますよね。

 

確かにそうなんです。

だって、まだまだ最初は仕事モードになりません。

仕事に出てきても、うちの子どうしてるかな?とどうしても考えてしまう。

でも、仕方ないですよね!

徐々に仕事モードにスイッチを入れられるよう、自分が意識して頑張って行くしかないです!

子供の事は考えるのはいいです!仕方ないです!

 

この人頑張ってるな〜!

と周りに思われるくらい、頑張ってアピールしましょう!

 

 

育児と仕事と家事を両立できるのかという不安

妻として母として、きちんと家の事が出来るかの不安

育休中も育児と家事で精一杯でしたよね?

そこに、仕事が加わります。

できるわけがありません。

完璧は絶対に無理です!

 

もし、手抜き出来るとしたら、

育児は大事!

仕事も復帰後だもの力は抜けない。むしろ頑張らなければならない!

とすると…家事を手抜きするしかないすよね!

 

いいんです。

それでいいんです。

 

家事は大いに手抜きしましょう!

そして、夫にも最大限協力してもらいましょう!

夫に協力してもらうには、職場復帰後からお願いするでは無理です。

育休中に協力出来る夫を育てましょう

 

思い描いているようには時間が進まないのではという不安

子供は親の予想している事をことごとく裏切ります・・・

特に朝の忙しいバタバタしている時間帯に、親の思うようには子供は動きません。

なかなか起きない。

起きても愚図る。

着替えをしたくないと愚図り、着替えない。

ご飯もなかなか食べない。

せっかく着替えた服を汚す。

靴も履かない。

車に乗りたくない(チャイルドシートに乗りたくない)と身体を反る。

 

はい。もう諦めるしかありませんね

開き直りです。

 

  • 大好きなDVDをつけて、誘うように起こす
  • 朝からDVD見させる
  • DVDに集中している間にお着替えさせる
  • それでも着替えなければ、お着替えは諦めて、保育園について着替えさせる。
  • ご飯食べる時間なければ、保育園にいく車の中やベビーカーで食べさせる。
  • 靴は履かせない。
  • 車へは強制的に力づくで乗せる。(DVDあれば、そこでも見せて、車に誘う)

 

DVDは朝からダメと分かっていても、頼らざるを得ません。

頼りましょう。

 

残業に対する不安

復帰後、残業が予測される場合は、時短勤務制度を活用したり、雇用形態をパートへと変えて復帰することをオススメします。

 

残業が多いと、

  • 育児(子供と過ごす時間が減る)
  • 家事(全く片付かない)
  • 仕事(疲れて集中できない)

等、様々な面で支障が出てきます。

 

私も、時短勤務制度を2歳まで活用しました。

それでも、残業になったりする日もありましたが、時短勤務でなければ、更に残業となっていて、やっていけなかったと思っています。

   

時短勤務のメリットとデメリットを考えよう

育休後は短時間時間制度で働きたい!時短勤務とは?

 

 

 

今の職場への復帰で本当に良いのかという不安が出た時は 

まずは復帰してやってみる事が第一優先です。

育児休暇を取ったということは、今の職場に戻る事が前提ですからね。

 

でも、

  • 戻る部署が明らかに子育てに厳しい部署で変更もきかない。
  • とろうと思っていた時短勤務制度を拒否された。

等の場合は、思い切って転職も考えてみましょう。

 

ママが働きやすく、自分の希望にあった求人も調べるとたくさんありますよ!