家族の幸せ指数を上げる さゆママのブログ

家族の幸せは、ママが健康で幸せであるかが重要!

再就職手当とは?

失業保険の中には早期に再就職が決まった際に、残りの給付日数に応じて手当てが一括でもらえる「再就職手当」というものがあります。

早めに再就職が決まればそれだけ生活が安定するのも早くなるし、受給しなかった失業保険の一部もお祝い金のような形でもらうことができますので、ギリギリまで失業保険を受給するよりもいいですよね!

 

 

f:id:sayufugu:20181016225318j:plain

 

再就職手当の受給者条件

  1. 7日間の待機期間満了後に就職、または事業を開始したこと。
  2. 就職日の前日までの失業保険の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること
  3. 離職した前の事業所に再就職したものでないこと。また、前の事業所と密接な関わり合いがない事業所に就職したこと。
  4. 離職理由などで給付制限がある場合にへ、待機満了後の1ヶ月については、ハローワークまたは職業紹介業者の紹介による就職であること。
  5. 1年を超えて勤務することが確実であること。
  6. 原則として、雇用保険の被保険者になっていること。
  7. 過去3年以内の就職について、再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けたことがないこと
  8. 受給資格決定前から採用が内定していた事業主に雇用されたものでないこと

 

①7日間の待機期間満了後に就職、または事業を開始したこと。

 

退職後、ハローワークで失業の申請をした日から7日間を待機期間といいます。

この待機期間の7日間に働かないことで、失業者として認定されることになりますので、この期間に勤務を開始すれば失業と認定されないため、再就職手当は支給されません。

 

待機期間に就職活動をしてもよいですし、内定をもらうことは大丈夫です。あくまでも、勤務を開始しなければ大丈夫です。

 

②就職日の前日までの失業保険の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること

 

f:id:sayufugu:20181013003126p:plain

          厚生労働省ハローワーク再就職手当のご案内」PDFより引用

 

就職日の前日までの給付日数が3分の1以上あることが条件です。

 

例として、3月の頭に就職が決定したとしても、4月1日からの雇用であるならば、3月31日の時点での給付残日数が3分の1以上ないとだめです。

 

就職が決まったから明日すぐ来てくださいとはならないと思うので、再就職手当をもらう為には早めの就職活動が必要になります。

 

③離職した前の事業所に再就職したものでないこと。また、前の事業所と密接な関わり合いがない事業所に就職したこと。

 

この通りです。

 

④離職理由などで給付制限がある場合には、待機満了後の1ヶ月については、ハローワークまたは職業紹介業者の紹介による就職であること。

 

f:id:sayufugu:20181013003636p:plain

          厚生労働省ハローワーク再就職手当のご案内」PDFより引用

 

自己都合が理由での退職だと、7日間の待機期間後に3ヶ月間の給付制限期間があります。

その給付制限期間の最初の1ヶ月以内に就職する場合は、ハローワークまたは許可を受けた職業紹介業者の紹介での就職であることが必要になります。

 

この紹介を受けたということを詳しく説明すると、

ハローワークの求人からの応募であっても、自分で検索して応募した場合は対象になりません。ハローワークの職員の方に紹介状を書いてもらった上での応募でなければなりません。

 

許可のある職業紹介業者とは、

厚生労働省の許可を受けた職業紹介業者でなけれななりません。

 

マイナビ」「リクナビ」等の有名である転職サイトは許可を受けていますので、大丈夫です。ですが、ここでも紹介状は重要です。

 

その転職サイトが紹介状を発行してくれなければ、再就職手当の対象にならないので、証明書を発行してもらえるのかを事前に確認しておきましょう。

 

※これはあくまでも、旧制限1ヶ月以内での就職の場合ですので、給付制限がない方や、給付制限の1ヶ月間を過ぎてからの就職であるなら証明書は必要ないです。

 

⑤1年を超えて勤務することが確実であること。

 

契約社員などで、1年以下の雇用契約になっていて、契約の更新には目標の達成が必要である場合には、この条件を満たしませんので、対象にはなりません。

 

3ヶ月などの試用期間がすぎれば、1年単位での契約更新になる場合などでは再就職手当の条件を満たす場合もあるので、ハローワークの職員に相談してみてください。

 

⑥原則として、雇用保険の被保険者になっていること。

 

雇用保険の被保険者の要件

 

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上であること
  • 31日以上の雇用見込みがあること

 

⑦過去3年以内の就職について、再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けたことがないこと

 

再就職日から3年以内に再就職手当・常用就職支度手当の支給を受けた事がある方は、条件を満たしていても再就職手当の対象にはなりません。

 

常用就職支度手当…障害がある方などが、安定した職業に就き、3分の1以上の失業保険の給付残日数がなかった場合に支給される手当

 

⑧受給資格決定前から採用が内定していた事業主に雇用されたものでないこと

 

受給資格決定日…離職票を持ってハローワークに申し込みをした日のこと

 

これより以前に内定をもらっている企業に就職した場合には再就職手当が支給されないので、退職前に再就職が決まっている方は対象になりません。

 

 

再就職手当の額は

  • 所定給付日数の1/3以上の支給日数を残して就職した場合→支給残日数の60%
  • 所定給付日数の2/3以上の支給日数を残して就職した場合→支給残日数の70%

を基本手当日額に乗じて得た額(1円未満の端数は切り捨て)が支給されます。

f:id:sayufugu:20181016223030p:plain

        厚生労働省ハローワーク再就職手当のご案内」PDFより引用

 

 

ちょっと分かりにくいので、所定給付日数が120日、基本手当日額が1日5,000円として計算してみます。

⚫支給残日数が40日の場合

5,000円×40日×60%=120,000円

⚫支給残日数が80日の場合

5,000円×80日×70%=280,000円

支給残日数は2倍なのに、受給金額は2倍以上になってますね。

28万を一括でもらえるなら、ボーナスですね。

所定給付日数が多くなればなるほど10%の差も大きくなりますので、早めに再就職が決まれば決まるほどいいボーナスになります。

 

再就職には、ハローワーク以外に転職サイトも利用しよう

 

ハローワークで求人を探すのも良いですが、転職サイトに登録し、自分の希望の条件を伝えておけば、希望の求人を探して教えてくれるので、とっても便利ですよ。

 

職場の環境や内部事情も教えてくれたりするので、入職後のギャップも感じにくいと思います!