みんなの幸せは腸から ⭐ さゆライフ

腸から健康に関すること等…他、役立つ情報を発信します

時短勤務のメリットとデメリット

 

子育てと仕事の両立を考えて、育休後は時短勤務を希望する人も多いと思います。

 

f:id:sayufugu:20181119152955j:plain

 

ここで気になるのが、時短勤務するとどうなるの?

メリットとデメリットは?

気になりますよね〜

時短勤務を請求する前に、時短勤務のメリットとデメリットを私なりにそれぞれあげてみましたよ!

 

 

時短勤務のメリット

 

たったの1時間でも早く帰るだけで、仕事と育児の両立にゆとりが生まれます

 

子供との時間が増える
  • 子供とお話をする時間ができる
  • 子供と公園による時間ができる
  • 寝る前に絵本を何冊か読んであげられる。
  • 早く◯◯しなさい!と怒ることが少なくなる

 

1時間あると、

保育園の帰り道に子供と公園に寄ったり、

家でゆっくり保育園でのお話を聞いたり、

絵本を読んだり…

この時期の小さい我が子は今だけ

成長を少しでも見届けられる時間が出来ます。

 

実際私は、1時間早く帰る事を選択し、保育園の帰り道を急がず、余裕を持った心で、娘とゆっくり歩いて帰っていました。

「このお花きれいだね〜」「石何個拾えるかな〜」とかお話ししながら。

時にはお風呂にゆっくりと入って、お風呂のおもちゃでたくさん遊んだり、色々なお話しをしました。

寝る前に「早く寝なさい」と言うこともなく、何冊も絵本を読んで上げることが出来ました。

 

家事する時間に余裕を持てる
  • 帰りに買い物する時間ができる
  • 朝のキッチンや、おもちゃ等の片付けをしてから迎えに行ける
  • 洗濯物を回してから迎えにいける
  • 風邪などの場合、病院につれていける

 

お迎えに行って、帰宅したら、愚図っている中

ご飯の用意して、ご飯食べさせて、お風呂入れて、寝かしつけ…

 

毎日が戦争のように過ぎていくこのバタバタ忙しい時間に、1時間の余裕がでる。

 

なんて素敵なのでしょう✨

 

 

ママが穏やかな気持ちで過ごせる

 

  • 余裕が生まれると、イライラも軽減します。
  • イライラが軽減すると、更に我が子を愛おしく思えます。
  • 夫にも優しい気持ちで接することが出来ます。
  • 寝かしつけが早くなると、夜の自分の時間も作れます。

 

→そうすると、育児で忙しい中でもしっかりと仕事への意欲も湧いてきます。

 

 

時短勤務のデメリット

 

会社に対して肩身が狭くなる

 

職場のみんなは、定時ですら上がれず、残業している中、それを1時間早上がりするのだから、納得していない同僚も多数いるはずですよね。

自分が帰ることでその分を誰かが補わなければならない職種の場合は尚更です。

他のスタッフに負担がかかってしまいます。

そのことでの申し訳ないストレスは半端なく出てきます。

 

給料が大幅に減る

給料は月4〜5万は下がります。

勿論その分ボーナスも大幅に下がります。

もし時短勤務者が残業となってしまった分は給料出ません。無償働きです。。。

給料が下がることを知らないスタッフも多いです。

なんで早く帰って楽することを選んでいる人とと同じ給料なの?とイライラしている人もいます。

 

キャリアアップはある程度諦めらければならない

 

キャリアアップは諦めも必要ですね。

会議が17時や18時からという会社も多いようですし、キャリアアップのための仕事や勉強をする時間が勤務内ではとれません。

また、子育て経験のある上司だとしても、独身上司だとしても、時短勤務で働いたことはない人ばかりなので、時短勤務で働くことは甘いという考えをされます。

 

 

以上私の感じるメリットとデメリットです。

 

自分にとって、メリットとデメリットどちらが大きいでしょう?

これらを踏まえて、自分にとってメリットとデメリットのどちらを取った方が良いのか考え、時短勤務を請求するか決めましょうね!!