家族の幸せ指数を上げる さゆママのブログ

家族の幸せは、ママが健康で幸せであるかが重要!

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の理想的な比率は2:1:7!!

 

腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類に分類されます。

 

健康な人であれば、「善玉菌」20%、「悪玉菌」10%のバランスになっています。

残りの70%は「日和見菌」といって、良い働きも悪い働きもする菌種です。

 

それぞれの種類についてお伝えしますね。

 

 

 

f:id:sayufugu:20181107164211j:plain

 

 

善玉菌

作用としては、

  • ビタミンの産生
  • 消化吸収の補助
  • 感染防御
  • 免疫力アップ
  • アレルギー予防
  • 肥満予防
  • 腸のバリア機能アップ

→健康の維持

    ・・・・糖や食物繊維をエサにして増えます

ビフィズス菌乳酸菌が有名ですね。

腸内にいる数としては、ビフィズス菌が乳酸菌より約1千倍多いです。

またビフィズス菌は酸素があると生きられませんが、乳酸菌は生きられる、という違いがあります。

 

悪玉菌

作用としては、

  • 腸内腐敗
  • 細菌毒素の産生
  • 発ガン物質の産生
  • ガス発生
  • 老化を促進
  • 腸壁を弱らせる
  • 便の臭いを強くする

→病気の引き金

     ・・・・タンパク質や脂質をエサにして増えます

クロストリジウム属のウェルシュ菌が有名ですね。

腸内にある食べカスを腐敗させて、硫化水素アンモニアなどの腐敗物質を生み、ガスや悪臭のもととなる物質を作りだします。

一部は食中毒の原因にもなります。

黄色ブドウ球菌も有名ですね。皮膚などにも生育していて、感染症の原因になります。

 

日和見

バクテロイデス大腸菌(無毒株)、連鎖球菌が有名ですね。

健康なときはおとなしくしていますが、からだが弱ったりすると、腸内で悪い働きをします。

善玉菌が優勢だと善玉菌の味方になって良い働きをしますが、悪玉菌が優勢になると悪玉菌の味方になって悪さをします。

とはいっても、優柔不断なのは日和見菌だけではなく、善玉菌のなかには他の菌と作用し合うと悪さをするヤツがいるし、逆に悪玉菌でも状況次第で良いことをするヤツがいるのです。

 

年齢による腸内細菌の変化

胎児は母胎内で無菌に保たれています。

母乳を飲んでいる時は母乳中の乳糖、ガラクオリゴ糖を栄養源として、ビフィズス菌が増殖し始めます。

赤ちゃんの便が黄色っぽく臭くないのはビフィズス菌優位の腸内環境になっているからです。

 

離乳食を食べ始めると、徐々に大人の腸内細菌バランスに近づいてきます。

 

高齢になると、ほとんどの場合ビフィズス菌は減少し、若年ではまず検出されなかったウエルシュ菌などの悪玉菌が、高確率で検出されるようになります。

そうなんです。

年をとると、悪玉菌優位の腸内環境になりやすいのです。

 

まとめ

「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の腸内細菌バランスは、体調や年齢によって変わります。

健康の維持の為には善玉菌が優勢の腸をつくることが大切ですね!