みんなの幸せは腸から ⭐ さゆライフ

腸から健康に関すること等…他、役立つ情報を発信します

特定受給資格者になると

特定受給資格者になると何がメリットあるのでしょう〜

 

特定受給資格者は自己都合退職者に比べて、

  • ・失業保険の所定給付日数が2倍以上付与されることがある
  • ・3ヶ月の給付制限も免除される

そうです。すごい違いなんです!!

 

このように優遇される理由は、

特定受給資格者は辞める準備ができないまま無職になった人と想定されているからとのこと。

辞める準備とは、事前に計画的に転職活動を行うとか、無職になる期間の生活資金を貯金しておくなどのことです。

→私も育休後は時短勤務で働く気でいたから、準備はしていません。

 

実際どのくらい自分がもらえるのか見てみました。

 

(自己都合退職した場合)自己都合退職した場合の所定給付日数

 
 

(特定受給資格者の場合)

会社都合退職した場合の所定給付日数

 

私は12年在職し、36歳であるので、3ヶ月の給付制限なく、240日ももらえます。

 

すごいですよね!!

 

このことを知らなかったら120日ですよ。本当に2倍!!

 

うちの会社は時短で働けないし〜〜と過去に辞めていった人はこの事知らないで辞めていったんだな。勿体無い!!(事務の人がこのような話初めてと言っていたので)

 

だって、2倍ももらえるなら、その分少しでも働かないで子供の為に時間使えるじゃん!!

 

旦那に話したら、エライ!!と褒められました❤